アロマテラピー 検定・資格・講座

06-6373-4116受付:9:00~20:00 (毎日受付)

アロマテラピー

アロマテラピーの基本は「香り」の癒しです!

アロマテラピー

カラーセラピー(色彩心理)「アロマテラピー」は植物の香りやそのさまざまな作用により心や身体のトラブルを穏やかに回復し、健康増進や美容に役立てる自然療法です。アロマテラピーという言葉は今から約85年程前にフランスの化学者ガットフォセがラベンダー精油を用いて火傷のトラブルを解消したことからこの植物療法をアロマテラピー(芳香療法)とネーミングしたことに由来します。

アロマテラピーの主役「精油(エッセンシャルオイル)」は植物の花、葉、果皮や種子などから抽出した天然の素材で数多くの有機物質からから構成されそれぞれに独特の香りがあります。アロマテラピーを生活に取り入れることで心身のバランスを取り戻し、健康や美容に広く活用していくことができます。

社団法人日本アロマ環境協会(AEAJ)

1996年に設立された「日本アロマテラピー協会」が前身。アロマテラピーに関する正しい知識の普及、調査、研究活動や各種資格認定などアロマテラピーに関連したさまざまな活動を行っています。
2005年4月、その活動が認められ環境省所管の法人認可を受け「社団法人日本アロマ環境協会」と名称が変わり、さらに法改正により「公益社団法人 日本アロマ環境協会」として現在に至っています。

AEAJの資格認定制度

アロマテラピー検定1級/アロマテラピーアドバイザー
精油、基材の使用法やアロマテラピーの作用についての知識を持ち、安全性や法律面から正しく社会に伝えることのできる能力を認定する資格。
アロマテラピー関連の販売に携わったり、一般の人に安全なアロマテラピーをアドバイスするために適した資格です。
アロマテラピーインストラクター
一般の人々が家庭や地域社会で安全で正しいアロマテラピーを実践できるように、必要な知識や方法を専門家として指導できる能力を認定する資格。
専門スクールやカルチャー教室の講師として、またボランティアとして、アロマテラピーの教育活動に携わることに適した資格です。
アロマセラピスト
一般の人々にトリートメントやコンサルテーションを含めたアロマテラピーを提供できる能力を認定する資格。
プロのアロマセラピストとして、またボランティアとして、第三者にアロマテラピーを実践することに適した資格です。

アロマテラピー検定(アロマテラピー資格への第一歩)

日本アロマ環境協会が主催する資格試験で、年に2回5月と11月に実施されます。2014年5月の検定ではや30回目を迎えます。出題範囲と難易によって2級と1級があり、仕事や生活に活かせる資格として年々人気が高まっています。

≪試験の程度と内容≫

【アロマテラピー検定2級

アロマテラピーを自分で楽しみ、健康維持のために用いる知識を問う試験。内容はアロマテラピーの利用法について、安全のための注意事項、精油のプロフィール(対象10種類)、精油の基礎知識、アロマテラピーの歴史など。香りのテストは精油10種類から。

【アロマテラピー検定1級

2級の内容に加え、アロマテラピーを家族や周りの人々と楽しみ、健康維持のために用いる知識を問う試験。内容はアロマテラピーの利用法と基材について、精油のプロフィール(対象31種類)、精油が働くしくみ、健康学、アロマテラピーに関する法律知識など。香りのテストは精油18種類から。

色彩カーサの「アロマテラピー資格」対策講座

アロマテラピーアドバイザー認定講習会(アロマテラピーアドバイザーコース)
アロマテラピーインストラクター資格対策講座(アロマテラピーインストラクターコース)
アロマセラピスト資格対策講座(アロマセラピストコース)

講座詳細は、アロマスクール(アロマテラピーの講座)をご参照下さい!

こんな方にはぜひアロマテラピー!

カラーセラピー(色彩心理)・ストレスケアや気分転換を図りたい方
・将来も視野に入れた活かせる資格としてお考えの方
・香りの癒しに興味がある方
・掃除や洗濯など毎日の家庭生活に採り入れたい方
・多くの人々を心地よく癒したい方
・ペットのケアをお考えの方

 

アロマディフューザー aromax silent

カラーセラピー(色彩心理)マイナスイオン・アロマディフューザー(電気式芳香器)aromax silent のお問い合わせは色彩カーサまで。
※色彩カーサは air aroma社の正規取扱代理店です。

お問い合わせはこちらから >>

 

資料請求
facebook