カラーセラピー

   
06-6373-4116受付:9:00~20:00 (毎日受付)
 

カラーセラピー

カラーセラピーの系譜色彩心理学

カラーセラピー(色彩心理)カラーセラピーの色彩療法としての起源は古く、古代ギリシャやフェニキア人が活躍した時代、更には古代エジプトの太陽を利用した光線療法にまで遡ることができます。 
ルネサンス期を経てフェルメールらが活躍した光の世紀といわれる17世紀にニュートンがスペクトルに辿り着くことによりカラーセラピーは色彩療法としての根拠を確立します。そしてカラーセラピーは光の放射エネルギーである波長=色の種類や役割りが人の心や身体にさまざまな影響を与え不調改善に役立てる療法として発展することになります。

カラーセラピー(色彩心理)今日カラーセラピーは心理学の一分野である色彩心理学の手法を用い新たな色彩療法としてワークショップを展開し、色の深奥に隠された感情や深層心理について気づきを与えてくれます。まさに先人たちがさまざまな角度から築き上げた色彩宇宙の中で進化していると言えるでしょう。

(色の作用や受けとめ方には個人差があります)

【色の象徴  例】

けがれなき純粋な色 深遠で頑固な色
吸収され見えない色 変化願望/非日常の色
力強いリーダーの色 優しく癒してくれる色
陽気/楽しい庶民の色 細やかな女性性の色
自由/知的好奇心の色 伝統を受け継ぐ自然色
中庸かつ気遣いの色 カジュアル/日常の色
コミュニケーション 都会的で無機質な色
空と海・広く包む色    

カラーセラピー色彩心理・講座

カラーセラピー色彩療法は色で表現された感情や深層心理を色の意味や象徴性で説くヨーロッパの伝統的な描画セラピーで必要な色を知り採り入れることにより心身の恒常性が保たれます。さまざまな色彩心理の手法を駆使して色の本質と向き合いその深奥に隠された気づきに迫る講座です。わずかな氷山の遥か深い海底に埋もれた感情を色の学習と色の実習(色鉛筆を使ったワークショップ)で解き明かします。

 

≪カリキュラム≫

  色の学習 色の実習
色のメカニズム 線を描く・性格と色
色の連想と象徴 面を塗る・五感の連想
色彩心理の手法 描画基礎・言葉の連想
色の性質と応用 バウムテストほか描画
カラーセラピー史 HTP描画法ほか

カラーブレス

ラインドローイング
色と身体との対応 エニアグラムほか
無彩色の心理 自由描画/実習総括
     
資料請求