オーラソーマ

   
06-6373-4116受付:9:00~20:00 (毎日受付)
 

オーラソーマ

■オーラソーマについて

オーラソーマの誕生

オーラ(Aura)は光を、ソーマ(Soma)はエネルギーを意味し、オーラソーマシステムの中心であるカラーボトル(イクイリブリアム)は1983年イギリスの盲目の薬剤師ヴィッキー・ウォール女史によって誕生しました。キロポジスト(足の専門医)でもある彼女は美しいカラーボトルを使った独自のカラーセラピーを構築し1991年にこの世を去るまで人々の心に癒しを与えました。今では世界52ヶ国でボトルも販売され人々の生活に溶け込む独自のカラーセラピーになっています。

色と植物や鉱物のエネルギーとがひとつになった117本のカラーボトル(イクイリブリアム)はさまざまな方向性を導いてくれます。ヒューマン(Human)の語源は色相を意味するヒュー(Hue)と人を意味するマン(man)であり、古代から人々が色との関わりを持ってきたことが窺えます。また色(Color)の語源がラテン語の隠す(Celare=ケラレ)から来ていることも興味深く色の奥深くに隠れたものへの気づきを理解することが自分自身と素直に向き合う最も簡単な手がかりになるのではないでしょうか?

オリジナル設計の
オーラ・ピラミッド

 






オーラソーマは自由に4本のカラーボトルを選ぶことから始まります。自分で自由に選ぶ色の組み合わせは自分自身そのものです。選ばれたボトルはまるで鏡のようにあなた自身を精密に映し出し今直面している課題や解決へのヒント、更には自分の本質や役割、才能や可能性、長い人生の目的や意義などを実に純朴に表現してくれます。今あなた自身が選んだ4本のボトルは

1本目のボトル : あなた本来の能力や生を受けた意味
2本目のボトル : 授かった才能と過去からの課題
3本目のボトル : 今現在のあなた自身
4本目のボトル : 未来の可能性これからできること

カラーセラピー(色彩心理)オーラソーマはまたこれからどのように歩むべきかの道標も与えてくれます。あなたの選ぶ色は目標と希望を見失うことなく絶えず羅針盤の役目を果たすことでしょう!

ヴィッキーは「美しいボトルをじっと眺めることは愛する人を見つめること」また「ボトルに触れることは愛する人を抱きしめること」と語っています。

カラースクール色彩カーサでは「オーラソーマ」一日講習会を毎週開催中!詳しくはカラー・色彩の講座日程ページへ

カラーセラピー(色彩心理)

     
資料請求